スポンサードリンク

2010年10月22日

わずか50個の動詞で話せる中国語 川原祥史 口コミ

わずか50個の動詞で話せる中国語という
川原祥史さんの
中国語の勉強法の
口コミをまとめました。


>>>詳細はこちらから




中国語が難しいなって、
諦めている方も必見の
中国語勉強法です。


一日に1〜2個の動詞を覚えていくという
勉強法ですね。


これまでに、4000人以上が実践し、
効果を得られたと実証されています。


中国語など、語学は、
間違った方法で勉強しても、
時間と費用を無駄にするだけで、
話せるようにはならないんです。


この、川原祥史さんの
わずか50個の動詞で話せる中国語という
勉強法だと、
中国語初心者の人でも
約30日くらいで話せるようになる
勉強法なんですね。


川原祥史さんは、
中国語の教科書や書籍などを
多数出版されている方で、
有名ですね。
信頼出来ると思います。


著書の一部は、

中国語検定4級・準4級問題集 (単行本 - 2007/12/7)
中国語検定2級問題集――頻出単語集付 (単行本 - 2009/2/12)
中国語検定3級問題集 頻出単語集付 (単行本 - 2008/9/6)
今すぐ書ける中国語 (東進ブックス) (単行本 - 2003/9)
中国語『筆談会話』でらくらく旅行 (単行本 - 2006/1)
中国語警察用語小辞典 (単行本 - 2006/10)
中国語実践マニュアル―発音10+会話10で仕事で成功する中級 (CDブック) (単行本 - 2007/7)
中国語 初歩の初歩―聴ける!読める!書ける!話せる! (単行本 - 2005/7)


こんな感じです。


川原祥史さんの
わずか50個の動詞で話せる中国語の勉強法で
中国語を話せるようにならなかった人は
いないそうですね。


すごいですよね。


口コミ情報もたくさんあるのですが、
こちらでは一部を載せておきます。
ご覧ください。

↓↓↓↓↓

本当に1日に覚えないといけない
動詞は、1個か2個でした。

玉川 公平 様 (20代・会社員)


中国語を勉強しようと思ったきっかけは、
出張時に片言の中国語でも
現地の人々とコミュニケーションが
取れるようにしたいと思ったからです。

中国語は難しいと聞いていたのですが、
何とか短期間で
中国語を話せるようになる方法はないかと、
ネットで検索していると
このサイトににたどり着きました。

今まで、英会話教室に通ったこともありましたが、
高い授業料を払っても、3対1とかで、
生徒同士で毎回、同じトピックを
英語で会話しなくてはならなく、
結局、ろくに話せないまま、
教室を辞めてしまった経験があるので、

今回は教室に通うことなく、
たった1ヶ月で中国語が話せるようになる
という魅力に惹かれて、
この勉強法で勉強することに決めました。

勉強法を見るまで、半信半疑でしたが、
本当に1日に覚えないといけない動詞は、
1個か2個でした。

毎日あっという間に1日分の勉強を終えることができたので
まったく、ストレスにもならず、
逆に「こんなに簡単でいいの?」
と少し不安になるほどでした。

初心者で始め、
毎日1個か2個の動詞を覚えて
24日分を終えた頃にちょうど出張で北京に行きました。

少し緊張しましたが、現地の人相手に、
会話ができるのです!

2往復ほどの短い会話でしたが、
まったくの初心者だっただけに
自分でも驚きました。

そしてただただ、本当に嬉しかったです!

もし初心者の方で
「できるだけ短期間で、話せるようになりたい」
と思う方がいらっしゃいましたら、
この勉強法を心からオススメします。


>>>その他の口コミも読んでみる

>>>わずか50個の動詞で話せる中国語の詳細はこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。